×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニキビの治療

ニキビができる人の気持ち

私は皮膚科、形成外科医として今までたくさんのニキビの患者さんをみてきました。自分自身にきび患者であった経験から、特にニキビの治療には力を入れてきました。診察の際には、まず問診といってこれまでの経路などをきくのですが、いろいろな患者さんの話を聞くうち、あるパターンに気づきました。特に大人ニキビの相談に来た方の生活習慣にはいくつかの共通点があるのです。
10代後半からできる思春期にきびの患者さんをはじめ、20代から30代の女性に多い大人にきびまで、いろいろな方が来院しますが、特におおいのが、20代後半以降の女性です。流行のメイクやおしゃれに敏感で、仕事に家事に大忙しの年代です。若いころからニキビができていた方もいれば「この歳になって突然できた」という方もします。炎症を起こすと赤く腫れて
痛みも伴いますし、目立つので人前にでるのがいやになってしまいます。私自身、本当に長い間にきびに悩んできたので、こういった患者さんにきもちは痛いほどよくわかります。

どうにか治したい

このサイトをみているということは、おそらくあなたもニキビに悩んでいるのではないでしょうか。世間にはニキビ用化粧品をはじめ、ニキビに良いという商品がところせましと売られています。あらゆる肌の悩みを解消します。という宣伝をうつエステも存在します。
そうした方法を試すというのは、悪いことではありませんが、まずは原点にもどってあなたのライフスタイルを見直してほしいのです。スキンケア生活習慣をほんの少し改めるだけで、病院にいかなくても次第にニキビが消え美肌に近づいてきます。しかもお金はわずかしかかかりません。このサイトのとおりの方法を実行して体の調子が整えればおのずとニキビもへってきます。するとメイクアップが楽しくなり、心が前向きになり、生き生きとした毎日を過ごすことができるのです。

ニキビをつくる原因

ストレス

ストレスもニキビを悪化させる原因といわれます。新学期や受験期、人事畢動の時期に、ニキヒがひとくなる人も多いようです。
ストレスがホルモンバランスを崩したり、生活のリスムを乱し、それがニキビに影響するといったケースもまま見られるようです。また、不妊治療などを行っている女性もニキビができやすい傾向があります。
妊娠しない。子供ができないといったストレスが肌に影響してくるようです。
参考サイト:不妊治療プラス http://www.funin-plus.net/

 

そのほか

このほか、女性は生理前にニキビが増えることがあります。これは生理前はホルモンの関係で、どうしても皮脂が過剰になりがちだからです。生理が始まると自然に治まってくるという人も多いようです。
このほか間違ったお手入れや、肌を不潔にしているなどといったことも、ニキヒの原因となります。大人の場合は、品質のよくないファンデーションを長時間つけていることや洗顔の仕方が適切でないといったこともニキビの主因となります。
また髪の毛が顔にたれるようなヘアスタイルをしていると、これがまたニキビを刺激して悪化させる原因になります。
いずれにせよ、ニキビを治すにはオールイン化粧品でこまめにケアをしましょう。